2017年10月10日

本年10月1日~3日の3日間、WFDSA(訪問販売協会世界連盟)主催の第15回世界大会がフランス・パリで開催されました。
50カ国以上の訪問販売協会が加盟するWFDSAでは、3年に一度世界大会を開催し、加盟国間で情報交換等を行なっています。大会に先立ち行われた企画会議では、当協会の大森専務理事が日本の協会の取組みや業界の現状等について説明、海外事業者の日本上陸の際は事前に協会に連絡すること等について理解を求めました。
今大会には、世界で初めて太陽エネルギーのみで飛ぶ飛行機で世界一周を成し遂げたベルトラン・ピカール氏や世界貿易機構(WTO)前事務局長のパスカル・ミラー氏、フランスの経営者団体MEDEF会長のピエール・ガターツ氏等の講演がありました。
なお、今大会をもってWFDSA会長がダグ・デヴォス氏(アムウェイコーポレーション)からマグナス・ブランストロム氏(オリフレーム)に交代となりました。また、次回3年後の世界大会はタイで開催されることが発表されました。現在、事務局では同大会の報告書を作成中です。

→WFDSA(訪問販売協会世界連盟)
→第15回世界大会(WFDSA)

201710010120171001022017100103