個人情報保護方針
 当協会は、当協会が業務上使用する当協会の会員・会員傘下の販売員・資格講座受講者・相談申出者・出版物の購入者などの個人情報について、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、かつ国際的な動向にも配慮して自主的なルール及び体制を確立し、以下の通り個人情報保護方針を定め、これを実行し維持することを宣言致します。

 
1.当協会は、この宣言を実行するために、「(公社)日本訪問販売協会の個人情報保護規程」を定め、当協会従業者(一般役職員、パートタイマー、派遣労働者、アルバイトなどを含む)、その他関係者に周知徹底させて実行し、改善・維持に努めます。
2.当協会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、セキュリティ管理計画(「個人情報保護計画書」に記載)を策定し、不正アクセス対策、コンピュータウィルス対策等の情報セキュリティ対策を講じます。
3.当協会は、個人情報の入手にあたり、適法かつ公正な手段によって行い、不正な方法により取得しないことはもちろん、個人情報の主体であるご本人から利用目的等について同意をとるか、インターネット上の当協会のホームページに必要事項を継続的に掲載することにより公表します。
4.当協会は、個人情報を間接的に取得する場合、取得する個人情報について、提供者がご本人から適正に取得したものであることを確認し、契約上の手当てをして、インターネット上の当協会のホームページに個人情報の利用目的等の必要事項を公表します。
5.当協会は、情報主体であるご本人が自己の個人情報について、開示、訂正、利用停止、第三者提供の停止等の権利を有していることを確認し、ご本人からのこれらの要求に応じます。
6.当協会は、個人情報を第三者との間で共同利用したり、業務を委託するために第三者に個人情報を預託する場合は、当該第三者について調査したうえで必要な契約を締結するとともに法令上必要な措置を講じます。
7.具体的な個人情報の取得・取扱いのために、以下の原則を定めます。
 <個人情報の利用に係る原則>
個人情報の利用は、特定した利用目的の範囲内で、具体的な業務に応じ権限を与えられた者のみが、業務の遂行上必要な限りにおいて行うものとします。
 <禁止事項>
個人情報を第三者に提供することを原則として禁止します。
個人情報の目的外利用、通常の利用場所からの持ち出し、外部への送信等の個人情報の漏えい行為を行いません。
当協会従業者は、業務上知り得た個人情報の内容をみだりに第三者に知らせ、又は不当な目的に使用してはなりません。その業務に係る職を退いた後も同様とし、必要な措置を講じます。
次に示す内容を含む個人情報の取得・利用は行いません(ただし、相談受付等において、職務上の必要性があり、業務の適正な実施に不可欠であって、取得目的を示して本人の同意を得て取得する場合を除きます。)。
 
(1)思想、信条及び宗教に関する事項
(2)人種、民族、門地、本籍地(所在都道府県に関する情報を除く。)、身体・精神障害、犯罪歴、その他社会的差別の原因となる事項
(3)勤労者の団結権、団体交渉及びその他団体行動の行為に関する事項
(4)集団示威行為への参加、請願権の行使及びその他の政治的権利の行使に関する事項
(5)保健医療及び性生活に関する事項


個人情報に関するお取り扱いについて
当協会では訪問販売に関係する各種の事業を実施しております。その関係で、事業を通じ、会員企業や会員傘下の販売員・従業者等から個人情報を取得することがあります。また、出版物の購入やセミナーへの参加などに関し、申込書を受領することで当該購入者・受講者の個人情報を取得することがあります。
ここでは、「個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法という。)」など関連する法規類、及び、適用される各種のガイドラインなどの指針に従い、当協会が収集あるいは取得する個人情報のお取扱いについてご説明させていただきます。

 
1.個人情報に対する当協会の基本姿勢について
当協会は、個人情報保護法の趣旨を尊重し、これを遵守するために「個人情報保護方針」「個人情報保護規程」「個人情報保護計画(コンプライアンス・プログラム)」を定め、実行しております。
2.当協会が取得する個人情報について
当協会では、入会申請書・セミナー参加申込書・教育指導者資格講座受講申込書・出版物購入申込書などの申込書面や、企業概要調査・各種アンケート(意見募集)調査などを実施する際の調査票などに記載された個人情報を取得しています。また、訪問販売員登録事業においては、企業または団体内において所定の教育を履修し、評価に合格した販売員を当協会に届け出ていただく際に、当該販売員の氏名・所属企業名・登録番号・発行日・有効期限といった情報を取得しています(この届出は、登録事業を実施する会員から登録販売員の個人情報について当協会が第三者提供を受ける行為になります。)。
一方、消費者に関係する個人情報としては、消費者相談室の業務において、相談申出者の氏名・所在(都道府県)・連絡先・相談申出内容などをお聞きし、記録しています。
3.取得した個人情報の利用目的について
当協会が収集あるいは取得する個人情報は、当協会の定款に定める次の事業を実施するために利用し、その具体的な利用目的は下に掲げる通りです。
<定款に定める事業>
① 訪問販売に係る調査及び研究
② 訪問販売に係る倫理綱領の策定及び実践の推進
③ 訪問販売に係る苦情の解決の申出に関する受付、助言、調査及び処理
④ 不当な訪問販売に係る審査及び措置
⑤ 訪問販売に従事する者に対する指導及び教育
⑥ 訪問販売に従事する者の登録
⑦ 訪問販売に係る内外資料の収集及び提供
⑧ 訪問販売に係る内外関連団体等との連絡及び調整
⑨ 訪問販売に係る苦情処理体制の確立の推進
⑩ 訪問販売に係る消費者啓発
⑪ 以上のほか、本会の目的を達成するために必要な事業
<個人情報の利用目的>
●上記事業を円滑に実施するために必要な措置を行うため。
●当協会が負う契約上の義務の履行とその関連業務を遂行するため。
●当協会への入会のお勧めに関してご案内するため。また、入会資料の入手を希望する者への送付のため。
●当協会が作成する会員名簿・相談窓口一覧・テキスト類などの出版物の販売についてご案内するため。また、その購入者へ当該商品を配送するため。
●当協会が主催する懇談会・講習会・セミナー・大会についてご案内するため。また、その参加者リストを作成するため。
●当協会が行う調査のためのアンケート調査票を送付するため。
●意見・エッセイ等の募集に関してご案内するため。また、その応募者に結果を連絡するため及び賞金・参加賞等を提供するため。
●訪問販売に係る啓発資料のご案内をするため。また、啓発資料の入手を希望する者への送付のため
●訪問販売員登録制度における販売員登録の申請を受け付けるため。また、登録の有無に係る照会に回答するため。
●訪問販売員教育指導者資格講座の受講者管理を行うため。また、当該資格講座における試験結果を申込責任者へ通知するため。
●訪問販売に係る相談及び個人情報のお取扱いに係る相談の受付・解決のため。
●「経済産業大臣の所管に属する公益法人の設立および監督に関する規則」の規定による届出を行うため。
●「公益法人の設立許可及び指導監督基準」の規定による公表を行うため。
※なお、上記目的を達成するために当社が保有する個人データを利用する行為は、当該個人データの情報主体者であるご本人から、個人情報保護法第16条に違反して取り扱われているという理由、及び第17条に違反して取得されているという理由によって、その利用停止についての求めがあった場合で、その求めに理由があるときは、遅滞なくこれを停止します。
4.個人データの保護対策について
当協会が保有する個人データにつきましては、当協会が規定する安全管理措置により、必要なセキュリティー対策が講じられています。また、当協会の従業者に対しては、個人情報保護のための教育研修を定期的に実施し、保有する個人データの管理には万全を期しています。
 なお、これらの保護対策については、それが適切に行われていることを確認するために内部監査を定期的に実施しています。
5.個人データの第三者への提供について
当協会が収集あるいは取得した個人データは、下記の場合を除き、基本的には第三者に開示または提供いたしません。
①情報の主体者であるご本人の同意がある場合。
②ご相談・お問合せ等の内容について、その解決に必要な限度で相手方事業者もしくはその所属する団体に情報提供する場合。
③事前に守秘義務契約を締結した外部の事業者に業務の一部または全部を委託する場合。
④法的な命令等により個人情報の開示が求められた場合。
⑤団体統合・分割、その他の事由により事業の承継が行われる場合。
⑥訪問販売員登録制度における登録の有無に係る照会があった場合。
※なお、個人データを第三者に提供する行為は、当該個人データの情報主体者であるご本人から、提供の停止について求めがあった場合はこれを停止します。
6.個人データの処理に係る外部委託について
当協会が保有する個人データについては、当協会との契約に基づき守秘義務を負う業務委託先の事業者に預託しております。当該委託に当たりましては、必要な契約を書面により締結するとともに、適切な管理監督を行っています。
7.個人データの共同利用について
当協会が保有する個人データについては、第三者との間で共同利用は行っていません。
8.開示等の請求及び苦情等の申立について
当協会が保有する個人データの開示、訂正・追加又は削除、利用停止又は消去、第三者提供の停止のご請求あるいは当協会に係る個人情報の取扱いに関してのご相談は、原則として当該個人データの情報主体者であるご本人に限り、合理的な範囲でこれを承ります。
 開示等のご請求に関しては当協会で定める方法によりお受け致しますので、下記受付窓口にご連絡ください。なお、ご連絡いただく場合は、あらかじめ次の点につきご了承いただきます。
①原則として書面(所定の様式がございます。)での手続きが必要となります。
②開示請求では、1件につき300円の手数料(切手不可)をご負担いただきます。300円分の郵便小為替をご用意ください。
③ご本人であることを確認させていただきます(本人確認のために公的証明書等のコピーをいただく場合がございます。)。
④訂正などをご請求される場合は、事実を証明する書類をご提出いただく場合がございます。
⑤ご請求をお受けできない場合がございます。その場合は、お受けできない旨をご連絡のうえで理由をご説明申し上げます。
 <開示等のご請求及び当社の個人情報の取扱に係るご相談の受付窓口>
個人情報保護管理者: 専務理事 大森 俊一
受付窓口: 個人情報保護相談窓口
受付時間: 午前10時〜12時、午後1時〜4時
電話: 03-3357-6019   FAX:03-3357-6585
事業者の所在地: 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-1細井ビル7階
事業者の名称: 公益社団法人日本訪問販売協会
代表者の氏名: 会長  鈴木 弘樹 

9.個人データの削除・消去について
当協会が保有する個人データにつきましては、当協会が定める文書取扱規程に基づく保存期間を経過後は情報主体であるご本人の事前・事後のご承諾を得ることなく削除・消去することがあります。

 

特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針
当協会は、個人番号及び特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)の適正な取扱いの確保について、組織として取り組むために、本基本方針を定めます。

 
関係法令・ガイドライン等の遵守
 当協会は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して、特定個人情報等の適正な取扱いを行います。
 
取扱規程の整備
 当協会は、特定個人情報等の取得、利用、保管、提供、廃棄等に関して、別途「特定個人情報等取扱規程」を定め、この規程に則った適正な取扱いを行います。
 
安全管理措置に関する事項
 当協会は、特定個人情報等の重要性を認識し、「特定個人情報等取扱規程」に従い、組織面、人事面、システム面、技術面それぞれにおいて適切な安全管理措置を講じます。
 
質問・苦情相談等の窓口
 当協会は、特定個人情報等の取扱いに関するご質問、ご相談などに対し、適切な対応を行います。
 
事業者の名称及び特定個人情報等の相談窓口の名称等 
 
 公益社団法人日本訪問販売協会 個人情報保護相談窓口
 受付時間: 午前10時~12時、午後1時~4時30分(年末年始・土日祭日除く)
 受付電話番号: 03-3357-6019
 事業者の所在地: 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-1 細井ビル7階